犬のしつけ 無駄吠え

犬の無駄吠えをしないようにしつけるには、どうしたらよいでしょうか。

多くの飼い主が悩むしつけの1つが無駄吠えです。
この無駄吠えをしないようにしつけるには、どうしたらよいのでしょうか。

 

犬にとっては、ちゃんと理由があり吠えている事なのですが、
近所づきあいのある場合など、相手に不快な思いをさせてしまうと
大きなトラブルの原因となってしまいます。

 

まずは犬がどうして吠えているのかを考えてみましょう。

 

お腹が空いていないかどうか、欲求不満ではないか、分離不安ではないか、
恐怖によって吠えていないか、どこかに怪我は無いかなど様々な原因が考えられます。

 

飼い主はそれをキャッチし吠える原因となるものをできるだけ避けてあげることも大切です。

 

雷が鳴ったら、できるだけ聞こえない場所にしてあげましょう。
ただ頭ごなしに叱るのは、良くありません。

 

またあまりに吠えるからと、
吠えたら電流が流れる首輪を使用したりするのもあまり良い方法ではありません。

 

また、声帯を切除してしまうのもあまりにも人間の勝手ですので、避けましょう。
ただし、犬の要求による要求吠えは吠えたら犬の存在を無視することも大切です。

 

飼い主の無視に気が付き大人しくなったらご褒美をあげてほめてあげるようにすると、
犬はそれを理解し大人しくなっていきます。

 

また吠えたらヘッドカラ―などの適度な不快感が発生するグッズを使用するのも、
方法の1つです。

 

電流が流れる首輪は、かなり苦痛ですが
ヘッドカラ―ならば吠える事により自然に圧力がかかる不快感なので、
大きなストレスとなる事もありません。

 

ただし犬によって違うので、どうしても無駄吠えが治らない場合は、
プロのドックトレーナーさんに指導してもらうと安心です。

 

 >> プロのドッグトレーナーしつけ法DVDなら、こちら


このページの先頭へ戻る